メガネに比べてコンタクトレンズが優れている点

メガネとコンタクトレンズの違い

かつては視力が悪い人の必須アイテムだったメガネですが、現代ではコンタクトレンズと市場を分かち合っています。オシャレをサポートするツールとしても使用されることが多いメガネでも、まったく似合わない人がいるのも事実。顔の印象がかなり変わってしまうという理由で、コンタクトレンズを愛用する人もいます。双方のメリットとデメリットをよく考えたうえで、どちらを使用するかを決めるとよいでしょう。 コンタクトレンズのデメリットとしては、なんといってもランニングコストがかかることでしょう。消耗品ともいえるアイテムなので、どうしても維持費がかかってしまいます。また取り外しが簡単なメガネに対して、装着に時間がかかるということも忘れてはいけません。手入れに必要な手間や時間も考慮する必要があります。

コンタクトレンズのメリット

しかしコンタクトレンズを使用することによって、多くのメリットを得られるのも事実です。まず1つは曇りにくく、顔にかいた汗を拭きやすくなるということがあります。メガネをかけている時と違って、急激な温度の変化によって曇るということがなく、顔の汗も簡単に拭き取れるので、スポーツをする人から重宝されるのも納得できるでしょう。また矯正視力の度数を上げられるのも、大きなメリットだといえます。 目に直接装着させるコンタクトレンズは、メガネと違って目とレンズの間に距離が生じることはありません。そのためレンズの屈折率によって目がストレスを感じるということもないため、メガネよりも度数の高いレンズを使用することができるのです。メガネとコンタクトレンズにはどちらにもメリットがあるので、時と場合によって両方を使い分けるのが賢明な方法かもしれません。