メガネのメンテナンス性

鼻当て部分のメンテナンス性

メガネを購入する場合、フレームによってメンテナンス性がまったく異なることに気をつけましょう。まず、鼻当ての部分ですがフレームによって、取り外せない一体型になっていたりドライバー一本で交換できるようになっていたりします。取り外せない方が単純な作りなので、日々のメンテナンスは楽だといえるでしょう。ただ、交換できる方は鼻当てがくたびれたら新しいものに換えられるので、できる限り長く使っていきたい方にはピッタリです。

なお、鼻当て部分の交換品を手に入れたいときは、メガネを作ってもらったお店で購入しましょう。買ったお店なら購入すればサービスとして取り付けてもらえるので、ドライバーをわざわざ用意しなくても済むようになります。

レンズのメンテナンス性

メガネのレンズをキレイにしたいときは、柔らかい布を使ってふくようにしましょう。ティッシュペーパーでもキズが付くといわれているので気をつけなければいけません。メガネふきというアイテムがあるため、できる限り利用することをお勧めします。もしも、キズが付いてしまい視界が悪くなったと感じたときは、買い換えるまえにレンズ交換を考えてみましょう。メガネ屋によってはフレームのデザインに合わせて、レンズを作ってくれるサービスがあります。そちらを利用すれば、まだまだ使えるフレームを無駄にせずに新品のレンズを手に入れられます。ただ、格安メガネの場合はレンズ交換代金の方が、新しいものを購入するよりも高くなるケースもあるので注意しなければいけません。