コンタクトレンズに比べてメガネが優れている点

目に対する負担が少ない

メガネは直接眼球に触れることがないため、コンタクトレンズよりも目に対する負担が少ないです。コンタクトレンズは、目に直接当てて使用するため、細心の注意を払う必要があります。ホコリなどのゴミが付着した場合、目がゴロゴロする違和感を感じることも多いです。メガネは顔にかけるだけで使用でき、目が傷つく心配がありません。簡単に外すことができるため、目に疲れを感じたときには、手軽に休憩を取ることも可能です。コンタクトレンズのように涙を吸収・蒸発させないため、目が乾燥してしまうこともありません。メガネの方が付けていて楽だ、と感じる人も多いです。目に対する負担から、コンタクトレンズからメガネに変える人も少なくありません。

お手入れが簡単にできる

メガネのお手入れは、基本的に専用のメガネクロスで拭くだけです。汚れが酷い場合は、超音波洗浄器や専用クリーナーを使いますが、日常的にメンテナンスする場合は、メガネクロスで拭くだけで足ります。コンタクトレンズの場合、専用の洗浄液を使い、こすり洗いをしなくてはいけません。洗った後は洗浄液を入れた専用ケースに一定時間浸し、消毒をする必要があるため手間暇がかかるのです。面倒だからと言って放っておくと、眼球が傷ついてしまう可能性があるため、しっかりとメンテンスしなくてはいけません。ケアに時間がかかるコンタクトレンズよりも、メガネクロスを使うだけで綺麗にすることができるメガネのほうがお手入れが簡単だと言えます。